スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーダーマウス夜戦型

リークリスマス。
当地は早朝からの雪であたり一面銀世界です。
「ホワイト・クリスマスマスでロマンチックねぇ~♪」等とのたまう、そんなあの娘に飛び蹴りしたい。
こっちは雪かきでヘロヘロなのです。
え~、そんなヘロヘロな中年男である自分にもクリスマスプレゼント!
今回はguest様から送って頂いた作品を紹介致します。

フレーダーマウス夜戦型
だだ」さんより投稿頂きました。

ATT03.jpg


ATT02.jpg

ATT01.jpg


完成品を見かけることすら稀なフレダマです。
組み上げて塗装するだけでも(スーツ系に比べれば)とても大変なのに、そのバリエーション機を仕上げるとなるとご苦労も並大抵のものでは無かったのではないでしょうか。
製作について「だだ」さんからコメントも頂きましたので、以下に御紹介致します。
・工作について
1/20の航空機としてはキャノピーの厚さやコクピットのシンプルさが気になるのですがそこは他の部分が煩い分、バックれる事にしました。
反重力エンジンは釣り用の浮きと塩ビパイプから工作、レーダーは0番の虫ピンを取り付けています。
横山センセの画稿にあってキットに存在しないエアダクトの仕切り板をプラ板に追加しました。
今後は接合線消しが面倒なバーニアはArppegioさんのアフターパーツで、安心です。(あ、ありがとう御座います!!/杉)
塗装はWWⅡドイツ夜戦がイメージソースですが、見栄え優先で昼間戦闘機の要素も取り入れています。

フレダマにドイツ夜戦機の塗装パターンって、とてもしっくりくるんですね~。カッコイイので今度そっくり真似させてもらいます!インクスポット迷彩でばっちりキメて塗装してみたいです。
この夜戦型については詳細な設定も頂いております。続いてはそちらも紹介致しますね。「だだ」さんは「脳内設定です。」などとおっしゃられておりますが、いやいや、何をおっしゃいます。設定についてはこちらから~→

続きを読む

スポンサーサイト

モデリングブックとルナポーン

いかわらず更新が滞っておりましてスイマセン。反省しております。
毎日が慌しく過ぎ去って行って、気がつけばもう12月・・・年の瀬も押し迫ってきましたね・・・

12月は待ち望んでいたアイテムのリリース月でもありました。何から何まで次々と製品化され、市場に送り出される事に慣れすぎて、ひとつのモノをこんなにも期待しながら待ち続けるなんて、普段は全く有り得ないことです。でも待ち続けていました。あぁ、本当に発売されたんだなぁ。
もう、全身が痺れるくらいウットリです。

横山宏Ma.k.モデリングブック
DSC01812.jpg

発売から時間も経って、もういまさらコメントするのも恥ずかしいくらいなのですが、「もしも、こんなヘッポコブログを御覧になっている方で、まだこの本を手にされていない方がいらっしゃったら、今すぐに購入される事をオススメ致します。いたしますよ!!」
アーティストの作品集としての魅力と模型のHowTo本としての実用性が高次元で融合している、こんな本は今までに無かったのではないでしょうか?
全てのページに発見と驚きとウットリが詰まっていて、読んでいると頭と心がだんだんグルグルしてきます。(何度ページを開いても、長時間読み続ける事に私の小さな脳が耐えられない!!そんなパワーが押し寄せて来るかと思えば、微に入り細に渡るきめの細かさと気配りが随所に散りばめられている!頁端っこの色見本帳の様なデザインも最高です!!)
紹介されているテクニックについても、片っ端から試したくなってきてしまってウズウズしてしまいます。
また、読み物としても非常に楽しめる1冊なのですね。
やっぱり横山先生節の文章は面白いなぁ。先生の文章を母国語で読めるというのは幸せな事だなぁ、としみじみ思うのです。
2006年はモデリングブックがリリースされた年として、記憶に残りそうですね。
え~、手前味噌ですが・・・110ページにArpeggio製バーニアもチラッと取り上げて頂きました。横山先生、MA.K.番頭様、ありがとう御座います!!
DSC01810.jpg


ルナ・ポーン
DSC01809.jpg


何もかもがBrand New!
全面イラスト、初の白箱、カラーのインスト、ポリ製の関節&動力ケーブル、アンダーゲート方式、スナップフィット仕様にパーツ分割の妙、そして何より(当然ですが)今まで手にした事の無いランナー枠ばっかり!!手にした夜に興奮したまま一気に仮組みしちゃいました。
DSC01808.jpg

あっという間にカタチになっちゃいますね。そしてスゴク動くのでビックリ!足の接地性の良さには驚きました。スナップフィット&関節ポリ仕様っていうのも良いものですね。また、仮組み時にカッターを動かしていて感激したのは、プラの材質が柔らかいこと。これで製作も改造もスゴクやり易くなりそうです。また、アンダーゲート方式の採用で、ボディ部なんてヤスリ掛けの必要すら無さそうですよ。ありがとう、ウエーブさん。とっても素晴らしいキットです。
しかも、ノーマルAFS用のエグゾーストと基部のパーツまで入っていて感激です。早速これを製作途中のAFS MkⅡに移植してみようと思ってます。当然、Mk1とMk2もリリースされることと思いますが、その前にルナポーンからのお手軽改造もしてみたいですねぇ。仮組んで眺めて、サクッと仕上げて塗装して、改造用にも必要で・・・となると幾つこのキットがあっても足りないくらいです。
たしか、去年のこの時期もガンスと機動歩兵のキットで、ウェーブさんにはワクワクさせてもらいました。来年の年末にもきっとスゴイキットが手元に届いているのでしょうね。
あぁ、もう、今すぐ来年の年末にならないかなぁ、等と子供みたいな事を考えていますよ。
プロフィール

杉

Author:杉
世界中がMa.K.模型で埋めつくされますように!
International Esperanto,
Ma.K. UP !

戦争はあいかわらず終わってないし/
俺のパソコンは調子が悪い/
路上では聴いたことのないリズムで/
歌い始めてる連中がいるぜ/
あの頃俺たちは若くて愚かだった/
今は若くはなく 愚かなままだ

小山卓治 『天国のドアノブ』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。