スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JS-2

先日、
とある方より、「最近、ちゃんと手を動かして(模型を作って)いるのか?」という、
戒めの言葉を頂戴しましたので(ガクガク・・・)、サフ吹き完了状態の模型なぞを貼ってみます。

DSC03284.jpg


タミヤさんの”JS-2”です。
「パーツが吸い付く!」とは、タミヤさんのキットが紹介される折にいつも使われる表現ですが、
このキットもまさにその通りで、サック・サクと作業が捗っていきました。
あとは塗装を残すのみの状態で、とりあえず寝かせております。
今はあまりに寒いので、ふきのとうが芽吹く頃になったら塗装を開始します。

え~・・・
上から撮影した画像が無いのは、
キューポラハッチの取り付け方向を間違えて接着しちゃったからです・・・・・・
いや、”間違って”と書きましたが、
それはやっぱり、うそ。
たとい、AFV模型製作の際にも、この胸の奥で燃え盛るMa.K.の焔(アンフォーゲッタブル・ファイヤー)を忘れず、
”部品の接着と取り付け方向をあえて間違ってみる”というマシーネン伝統の手法を取り入れたまでであり、
同時に松本州平先生へのリスペクトにもなっているという、奥深い一作なわけです。
(製作前に実車の資料をちゃんと用意したにも関わらず、結局ストレート組みなのも、そうした深い思惑があったからに違いありません。)
決して、最初はハッチを開けるつもりでいたのに、酔っ払って作っている時に間違って接着しちゃって、
次の日に気づいたものの、驚異の精度を持ったパーツ同士がガッチリと接着されており、はがそうにも、もう後の祭りだった訳ではありません・・・・・・

う、うわーん!もう、くっ付いちゃって取れないよ~
オロローン!!

DSC03285.jpg



JS-2といえば、
パンツァーフロント(でしたっけ?)というゲーム・ソフトに、
横山先生のデザインされたオリジナル砲塔を載せた車両が登場していたと記憶しております。
これが、もの凄くかっこ良く、ウェーブさんから改造キットも発売されておりました。
このキットは、ドラゴンのJS-2m用のコンバージョンキットだったはずなのですが、
今回のタミヤさんのキットにも合うものかどうか、今度試してみようと考えてます。
その時には、履帯もモデルカステンさんのものを履かせようと意気込んでおりますが、
肝心のウェーブさんのコンバージョンキットが何処にいったものか、全くもって分かりません。
それは今も静かに、
押入れの模型堆積層のいずこかで、私を待っているものと推測されます・・・・・・

オロローン!!

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

アーケロン

ぽそぽそとアーケロンを作ってます。
DSC02839.jpg


私の好みで、関節はエポパテにてシーリングを行ってます。
足を短めにしてみたつもりなのですが、バランスが難しいですね。
DSC02840.jpg


関節部はアルミ線でつないでおります。
腰のパーツには1mmプラ版を3枚積層させて、アルミ線を保持する為のスペースを確保しました。
DSC02837.jpg


DSC02838.jpg


DSC02842.jpg


他の方々は「どうやってるのかな?」と思い、各ブログ様の製作記を拝見すると、
もっと賢明なやり方で皆さん処理されてらっしゃる・・・・

私は、ルナポーンもこのプラ版積層のアルミ線ぶっ刺しでやっつけちゃいました・・・
でも、簡単で男らしい方法なので、「コレでいいのだ!」と作業を前に進めていきます。

オロローン!


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

A8/R8とWFとお盆

や昔。中学の時分、
英語の授業で「お盆の英訳は”Bon Festival”」である、と教わったのですが、子供だった私には、お盆がフェスティバルだという事が物凄く不思議に思え、違和感を感じた事を鮮明に憶えております。
夜に踊ったりするから、お祭りなんでしょうか?そうなんでしょうか?

んな、ボン・フェスティバルもワンフェスのように省略すると”ボンフェス”。
このボンフェスとワンフェスが、同時期に開催される今夏は、なんだかスゴイですね。
トラディショナルでスピリチュアルなボンフェスをすっとばし、造形興奮真っ只中のワンフェスに参加する、そんな私をどうかお許し下さい、ご先祖様。
ワンフェスが終わったら、お墓参りは必ずします。絶対します!!
おっさんだから、信心深くなってきているのです・・・

て、そんなWF直前に新たな決意を!!
自分への喝と戒めと忘備録を兼ねて。
最近はチットモ模型を完成させていない私ですから、
WF会場で、皆さんから頂戴する造形パワーの興奮が冷めやらぬうちに、必ずや仕上げたいキットのご紹介です。

A8R8


招き屋本舗さんのA8/R8です。
スッゴク組み易いキットで、アッという間にここまで出来ちゃいます。
あ、根性棒が無い・・・
部屋のどこかにあるはずです。探そう・・・。


DSC02248.jpg


形がすごくカッコ良い。
いつかモデルカステン版も作って、2対を机の上で並べるのが夢です。


DSC02246.jpg


日のWFでも、招き屋本舗さんからたくさんのキットがリリースされるようです。
ラプーンとレイナードとシーピッグとヌーサンスが欲しいです!!

りあえずWFが終わったら、なんとか時間を作って、このA8/R8を塗りたいと思います。
もちろん、ガイア・ノーツさんのMa.K.カラーで!

招き屋本舗さま。
A8/R8のご紹介が遅れに遅れまして、申し訳ありませんでした。
この場をもって、お詫び申し上げます。

では!


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

KAUZ on the MARQUEE MOON

25ban16.jpg

き続き、祝!ビバ25周年。

さんは、製作途中のキットっていくつくらい持っていますか?
私は結構あるんです。なかには部屋の掃除中に全く忘れていたキットを発見して、ビックリなんて事もあるんです。そんなセルフ・ドリームキットをみつけると(作業が途中まで進んでいる分)なんだか得をした気分になって、「このまま物忘れがひどくなるのも悪くないかもしれないぞ」などと訳の分からない事を考えたりもします。

日はそんな作りかけキットをUPしました。ブログで紹介する程のものではないのですが、また忘れ去ってしまわないように忘備録をかねて。そして、ちゃんと完成させるよう自分への戒めとして。
お目汚しご容赦くださいませ。
でも時間が経ったら、ブログに載せた事すら忘れてそうな気もします・・・

DSC01914.jpg

カウツです。
結構作業が進んでいたようです。
DSC01911.jpg

良くみるとチョコチョコと手を入れているようですが、何をどうしたか憶えていません・・・

DSC01912.jpg

あとは関節にシーリングして、指をパイプスプリングかなんかで作ってやれば、塗りに入れそうです。頑張ろう。

型と一緒に音楽CDを撮影するのは、「rainbow egg」のkatoooさんがやっていたのをカッコイイから真似させてもらいました。
写っているのは、テレヴィジョンの〈マーキー・ムーン〉。先日、トム・ヴァーレインがソロで新作を発表して驚きました。それに刺激を受けて、この〈マーキー・ムーン〉ばっかり聴いています。
新作もとても良かったのですが、どうしても耳が過去の音源ばかりを求めてしまいます。
おっさんだからしょうがないのです・・・

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

fledermaus

fleder

レダマをチビチビと進めています。楽しいですよ。
スーツ系キットのお手軽感は有りませんが、組み上がる毎に大型キットならではの充実感が得られます。SF3D時代に、なかなか買えない憧れのプラモデルだった・・・っていうノスタルジアもスパイスになって、工作が進むにつれ興奮してきますね。

れにしても、カッコイイのはフレダマ箱裏の先生のイラストですね。キャノピーのシルエット・ラインの美しさがたまりません!いつか、このイラスト版で立体化されたフレーダーマウスを見てみたいものです。
パイロットの人も男前だなぁ・・・イカス!!

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

杉

Author:杉
世界中がMa.K.模型で埋めつくされますように!
International Esperanto,
Ma.K. UP !

戦争はあいかわらず終わってないし/
俺のパソコンは調子が悪い/
路上では聴いたことのないリズムで/
歌い始めてる連中がいるぜ/
あの頃俺たちは若くて愚かだった/
今は若くはなく 愚かなままだ

小山卓治 『天国のドアノブ』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。